ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

肝臓癌(腫瘍)のシーズー犬への漢方治療

患者 Kさま / 小型犬 シーズー メス / 14歳 / 5.1キロ
ご使用中のお薬

ご相談メールの内容

錦戸先生、はじめまして。一昨年の8月に肝臓に5mm程度の結節物が見つかりましたが、
横隔膜の付近にあるという事と、うちの子の年齢もみて手術および開腹生検はいたしておりません。
その後、エコー検査で2~6ヶ月おきにモニターリングをしてきましたが、
昨年4月より大きくなってきており、昨年の11月のエコーでは、35mmにもなっており、非常に心配です。
大切なわが子です。長生きさせてあげたいのです。
現在、食事は手作りに変え、数種類のサプリメントも飲ませておりますが、
何か漢方薬でよいものはないでしょうか?何とかお願い致します。

対応と指導内容

・完治をめざすが、治療の目的は、まずガンの進行や転移を、極力遅らせること。
・もしくはストップして、QOL(生命の質)の向上させることを中心に考える。
・まだ時間があるうちに対処できるよう、免疫力および肝機能を向上し安定させるような漢方を考える。

その後の経過または相談者からのお便り

(3月)
レミがお世話になっております。
先生に処方していただいた薬を飲み始めて丸2ヶ月になります。
お陰でレミは元気に過ごしておりますが、時々、お腹がグルグルーッとなって…(腸の亢進でしょうか?)
そうなるときはごはんを食べてくれません。そういう時は仕方がないので水で練って無理やり口に押し込んで飲ませております。
今のところ、困ったことはこれ位です。あとは、とても元気で善い子にしてくれております。

(5月)
錦戸先生、レミがお世話になっております。
レミちゃんもお陰様で、この5月1日で無事に満13歳のバースデーを迎えることができました。
手作りの食事が厭きてきているためなのか、時々「食べない」「要らない」と我侭を申しますが、
結局時間を掛けると食べてくれて元気に過ごしてくれております。
これも先生の処方してくださる漢方薬のお陰と感謝致しております。
それでは、今後ともよろしくお願い致します。

(6月)
錦戸先生、こんにちは。いつもレミがお世話になっております。
お陰様でレミちゃんは元気です。最近、ここ半年くらいなかった食欲も出てきて、
ごはんも喜んで食べてくれます。本当に先生には感謝致しております。有難うございます。よろしくお願い致します。

(翌年5月)
錦戸先生 レミがお世話になっております。
おかげ様でレミは、無事に5月1日で満14歳となりました。
腎臓の数値は中々範囲内に入ってくれませんが、元気で食欲もあり、毎日の散歩も楽しんでくれております。

飼い主様へのアドバイス

腎臓は、非常に再生能力に乏しい器官です。一度障害を受けると、なおるのに時間がかかります。
場合によっては、治らないことも多々あります。まずは、高値でも安定してくれることが第一です。
気長にやりましょう。また漢方以外の西洋医学の治療も併せて、しっかりやられてください。

患者さんの病状 肝臓癌(腫瘍)
効果に対する評価 大変良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.