ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

おもらしの症状がある雑種犬への漢方治療

患者 Mさま / 雑種犬 オス / 12才 / 16キロ
ご使用中のお薬 なし

ご相談内容

一時治まっていたおもらしが再発して、最近では回数が増え、少し多い量が出る時も増え、どうしたものかと思っております。
汚れた物を処理したり洗濯する事は、私自身、苦ではありません。

しかし、我が犬自身、外陰部付近が濡れていたりして、不快な思いをしていないか、心配です。
また、外陰部付近の毛が薄黄色になり、濡れている時は拭ける範囲で拭いていますが、完全には拭ききれません。

ですので、外陰部からバイ菌が入って、何か病気になってしまわないか、という心配もあります。
朝夕の散歩時の排泄だけでなく、昼間に排泄に行ける場合は連れて行きます。(悪天候や、ぐっすり眠っている時は行かない)
夜は、「おしっこに行きたい」と催促があば連れて行きます。(ぐっすり眠っている時は行かない)
それでも、おもらしをする時はします。

オムツを着用する方法があるかもしれませんが、我が犬は身体を何かで覆うことを嫌う為、
精神的ストレスになるのではと思い、望んではいません。

ホルモン剤投与の再開は、肝臓のことを考えると、避けたいです。多めのおもらしをしてしまった際、我が犬が困ったような表情をするので、これを見ると早く対処してあげたいと思うのです。良い方法はありますでしょうか? どうか、宜しくお願いいたします。

対応と指導内容

・寝る前にシッコをさせる、運動を多めにするなどで簡単に治る場合もある。
・平滑筋刺激剤、人の尿失禁に使うお薬を色々使ってみても全然効果のない場合もある。
・ホルモンバランスの崩れに狙いを絞りますので、今回は、「1種の漢方のみ」を使用する。

その後のお客様からのご報告

尿失禁ですが、漢方が効いているのか、経過良好です。ごくたまに、ポトッと数滴出る程度です。

患者さんの病状 尿失禁
効果に対する評価 良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.