ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

シーズーのアトピー性皮膚炎への漢方治療

患者 I さま / 犬 シーズー オス / 11才 / 7.4キロ
ご使用中のお薬 三中参、植物性乳酸菌

ご相談時の現状・症状

使用中の薬ウルソ、心臓の薬(血圧を下げる薬)、ダーマ 
皮膚病の異常時期は、7、8年前から。 
かゆみの場所:おなか、胸、背中、ふとももから足先まで、手先、しっぽ、頭、顔 
フケ:背中が一番ひどい

ご相談内容

最近では寝る間もなく掻きむしり、痒みの症状が猛烈にひどくなりました。
2ヶ月位前からアトピカという薬を飲み、飲まないよりは少しは良い状態なので投薬していましたが、
その薬の何かにアレルギーを起こし、投薬後1時間くらいで強烈に掻き始め、6時間位掻き続けます。


同じ成分の他の薬も試しましたが同じ状態ですが、今はネオーラルを飲んでいます。
今まで様々な方法を試していただきましたので、もう打つ手がない状態のようです。
しかし、毎回辛そうな様子を見ている身としては、やり場のない気持ちでいっぱいで辛くて仕方ありません。
身体にも良くないと思いますし。そんな折り、ネットで漢方薬の事を知り、身体に負担の少ない方法で、
痒みがおさまってくれればこんなに良い事はないと思いご相談させていただきました。ぜひ一度診察いただきたいと思っています。

対応と指導内容

漢方薬(三中参)により、豊富なミネラルとアミノ酸による体力、自然治癒力による機能回復を目指しました。 
植物性乳酸菌により、腸内環境を整え漢方薬がきちんと吸収されるようにし、
腸内の免疫力を高めることを目標としました。(漢方薬の効き目に差が出る)

その後のお客様からのご報告

今まで原因がはっきりしないまま治療していましたので、
愛犬共々、私にも多くのストレスがかかり、とても悲しくやるせない思いで過ごしておりました。
何が悪いのか、環境が悪いのかと、家中のありとあらゆる物をダニやハウスダスト防止の物に買い替えたりもしましたが、
特に好転する様子もなく、毎日辛い日々でした。

しかし今日先生に診ていただき、痒みの正体がわかっただけでも安心することができました。
これで痒みも改善していき、楽になってくれることを期待しています。
改善しない1割の仲間にならないことを祈るばかりです。早速ですが、メールいただきました漢方の発送をお願いしたいと思います。

1週間が経ちました。 痒みはほとんどなく、皮膚の熱もりもなくなりました。
大変調子よくすごしているのでほっとしております。

漢方を飲み始めてから2週間のご報告です。 身体の火照りはほとんどなくなりました。掻くこともあまりありません。
(掻き始めたらセレスタミンを飲ませている感じです) 相変わらずフケはたくさん出ますが、黒っぽかった皮膚が少し白く、
やわらかくなってきたように思います。 痒みがなくなって、食欲もヤンチャ振りも絶好調のようです。
痒みの症状が改善されたので喜んでいますが、根源に変化があるのかはわからないので心配です。
セレスタミンは強いお薬ということですので、早く卒業できるようになりたいと思っています。

 

患者さんの病状 アトピー性皮膚炎
効果に対する評価 良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.