ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

猫エイズ陽性の猫への漢方治療

患者 Tさま / 雑種猫 メス / 4才 / 4キロ
ご使用中のお薬 なし

ご相談内容

【リンパ腫の疑いで最初はご相談有り⇒腫瘍は良性のものと分かるが、猫エイズ陽性】

はじめまして、よろしくお願いします。
9月9日に嘔吐があり入院。13日に開腹してリンパ腫t診断を受けました。
腸が炎症を起こして出血が見られるそうです。
明日治療方法の話し合いに行くのですが、まだ食欲が戻らないので退院はまだのようです。
どのような経過をたどっていくのか、不安で不安で・・・
でも、限りある命の中でこの子の苦しみを少しでも取り除いてあげたい。
そして少しでも長く一緒に居られたらと思い、いてもたってもいられずに、ご連絡いたしました。
家に帰ってきたらなるべく早く漢方を試してみたいのですが、処方していただくために必要なこと教えてください。
辛いですね・・・。よろしくお願いします。
    ⇓
検体の結果が出て腫瘍は良性のものと判明しました。
主治医の話では、リンパも腫れていて、腸の状態も悪かったのでリンパ腫と判断してしまったと言っていました。
しかしFLV(猫エイズ)陽性なので、予断は許さないようです

対応と指導内容

1.リンパ腫だけでなく、白血病か猫エイズの可能性も考え、検査をしてもらう。
   → 結果、リンパ腫ではなく猫エイズと判明
2.免疫力の向上による病の進行の阻止
3.腸内の改善による出血の阻止
4.QOL(生命の質)の向上

その後のお客様からのご報告

 【服用から4年後】
おかげさまで猫エイズの発症もなく元気です。
愛猫は体質的に結石になりやすいのですが、漢方を始めてからは
症状が出ても比較的元気でいるのです。
というわけで、いつものように薬の処方をお願いします。
これからも猫エイズが発症しないよう、いつまでも元気でいられるよう続けてまいりますので
よろしくお願いします。

患者さんの病状 猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)陽性
効果に対する評価 良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.