ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

犬の僧帽弁閉鎖不全症&心臓肥大/Mダックスへの漢方治療

患者 Oさま / ミニチュアダックスフント オス / 13才 / 6.3キロ
ご使用中のお薬 咳どめ、抗生剤、利尿剤、心臓のお薬

ご相談内容

3年ほど前から僧帽弁閉鎖不全症を患っておりました。2週間ほど前咳が酷くなり病院でレントゲンを撮りましたところ心臓が通常の2倍ほど肥大しているとのこと。抗生剤、咳止めを服用、いったん落ち着きましたが、10日ほどで咳が再発。再度レントゲンを撮ったところ肺水腫。

現在はお薬が効いて咳もあらかた治まり食欲もあり、お散歩も元気に行きます。

獣医師からは”いつ急変してもおかしくない状態であり今年いっぱいも難しい”と急な余命宣告に驚き別の獣医のセカンドオピニオンを仰ぎましたところ”心臓は良い状態でないことは確かであるが、加齢による寿命は別として、咳も治まっていて元気、余命半年は考えにくいとのこと。

このような状態ですが、少しでも心臓、肺の状態が改善され一日でも元気に長生きさせたいのですが、漢方で何か良いお薬はございますか?
対応と指導内容

・血流を改善し、心臓機能を良くする
・代謝機能を上げ疲労回復させる
・心臓にかかる負担を減らす
その後のお客様からのご報告

 

【2週間後】

錦戸先生

僧帽弁閉鎖不全症、心臓肥大、肺水腫で漢方を出して頂いている13歳のミニチュアダックスです。

お世話になっています。

お陰さまで肺の水も抜け、咳も明け方出るもののずいぶん治まってきました。

ほんとうに有難うございます。

 


【2ヶ月後】

錦戸先生

お世話になっています。

僧帽弁閉鎖不全症、心臓肥大で漢方を出して頂いています、13歳のミニチュアダックスです。

この1カ月で一度軽い肺水腫を起こしかけましたが、利尿剤を増量して回復、今は元気で食欲も旺盛です。

引き続きお薬のお手配をお願いしたいと思います。

 

【3ヶ月後】

お世話になっております。

僧帽弁閉鎖不全症、心臓肥大の13歳ミニチュアダックスフンドです。

暑く、長かった夏もようやく終わりの兆しです。

バディもお陰さまでどうにかこの厳しかった夏を乗り切ってくれました。

 

【4ヶ月後】

僧帽弁閉鎖不全症、心臓肥大の13歳ミニチュアダックスです。

おかげさまでまだ元気で一日3回のお散歩も欠かしません。

漢方のおかげと本当にありがたく感謝しています。

お薬、今回もよろしくお願いいたします。

 

患者さんの病状 僧帽弁閉鎖不全症、心臓肥大
効果に対する評価 良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.