ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

症例・治療例詳細

今までご相談を受けた症例・治療例の詳細です。

病名・症状の検索

心肥大、気管虚脱、肺水腫のチワワ犬への漢方治療

患者 Oさま / チワワ(ロングコート) オス / 12才 / 2.5キロ
ご使用中のお薬 気管を広げる薬、心臓の薬、胆のうの薬

ご相談内容

3年前から気管が細くなっていることを指摘され、定期的に健診を受けてまいりました。1年前から興奮時に咳き込むことが多くなり、それ以来内服薬を服用しております。先日、夜の咳がひどく、翌日行院で診察していただいた際に、肺に水がたまっているとのことで、水を抜く注射を打ってもらいました。現在は状態は安定しておりますが、興奮時には以前同様に咳が続きます。もし、このような症状が漢方薬で改善できる見込みがあるのならばと、藁にもすがる思いで相談させていただきました。

対応と指導内容

・悪化のスピードを遅らせて、心機能を楽にする
・自然治癒力による機能回復

その後のお客様からのご報告

(2日目)

錦戸先生

お世話になっております。先生に処方していただいた漢方薬を昨日の晩から服用させております。

漢方は一日に半錠ずつ食事に混ぜて食べさせました。ドライフード(心臓病用)に少量の白米と水を混ぜて食べさせております。夜は少量のササミも加えました。抵抗なく食べました。

ここ数日間は非常に状態が安定し、殆ど咳き込むこともなく、肺水腫になる前よりも明らかにここ数日の状態の方が安定しております。

 

 

(6日目)

先生に送っていただいた漢方を服用して6日が経ちます。餌に混ぜて問題なく食べてくれます。

先日の健診でも肺の水は殆ど抜けたみたいです。病院の薬と漢方の効果だと喜んでおります。

 

 

 

(21日目)

先生に送っていただいた漢方の服用を始めて3週間が経ちます。幸い、肺の水もなくなり状態もかなり安定しております。

現在、病院の方で以下の薬を処方していただいております。

「ラシックス」

「ピロラクトン」

「カリウム剤」

「エナラプリル」

「イソソルビド」

「ベトメディン」

「胆のうの薬」

上記の薬に加えて咳がひどい時のみ「気管支のくすり」を飲ませるように指示されております。利尿剤も以前より量を減らしてもらっています。病院の薬と漢方を服用させております。

 

 

 

(30日目)

先生に送っていただいた漢方を飲ませ始めて一か月がたとうとしております。

病院の薬も併用して服用させているのですが、調子の良い日が続くと利尿剤(ラシックス)の量を減らしているのですが、数日すると咳き込む回数(特に夜中)が増え、翌日病院で肺水腫の一歩手前の状態になりかけて再度ラシックスを服用することが2度ほどありました。

ラシックスは腎臓に負担がかかるので出来るだけ減らしていく方向で治療していただいているのですが、ラシックスを減らすと咳が出てしまう状態が続いております。今日からベトメディンが一日2回から3回に増えました。

 

 

 

 

(35日目)

漢方が届きましたので早速今日から服用させました。

現在のところ、病院の薬と先生に処方していただいている漢方薬を飲ませております。

漢方を続けて飲ませて3日が経ちますが、明らかに元気が出ている様子です。日中は殆ど咳もなく快適に過ごしている様子です。

 

患者さんの病状 気管虚脱、心臓肥大、肺水腫
効果に対する評価 良い結果がでて嬉しく思います。


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.