白血病

犬・猫の白血病ってどんな病気?

白血病ウイルスの感染により、血液をつくる細胞に異常がおきる病気です。 発症すると免疫力が低下し、リンパ種などの他の病気を併発したり、貧血がひどい、元気がない、鼻水・くしゃみがとまらない、 下痢や微熱などさまざまな症状を引き起こします。

犬・猫の白血病の治療方針

エイズ(HIVウイルス)と同様に、感染した状態と発症した状態の2タイプにわけられます。そのため、犬・猫の白血病は以下の方針でアドバイスしています。

ウイルスに感染している状態(キャリアーとよばれます)
犬・猫の免疫力を向上させ、ウイルスの発症を遅らせることに主眼を置いた処方を考えます。 まだ発症していない状態なので、見た目は健康そのものに見えますが、 一度発症すると完治しない病なので、元気に長生きしてもらえるように ウイルスを活性させないことが大切です。
発症している状態
病院で処方された薬の副作用の負担を減らしてあげること 症状(微熱、食欲不振や下痢、体重の減少、体力低下や元気の消失、口内炎などの) を少しでも緩和し、少しでも楽に余生を過ごせるようにすることを目的とした治療を考えます。

犬・猫の白血病になぜ漢方薬を使うのか?

残念ながら犬・猫の白血病も、現代医学では未だに不治の病です。ですが、エイズと同様に完治しないと良くならないという考え方ではなく、感染した状態(キャリアー)を保ったまま、いかに発症させないようにするかという前向きな考え方がとても大切です。
発症を遅らせるためには、体の免疫力(抵抗力)を上げて、他の病気の併発(二次感染)を防ぐ必要があります。また、症状の衰弱させないように守る必要もあります。 白血病の進行を遅らせ、少しでも長く、楽にさせてあげたいという飼い主さんの気持ちを考慮した漢方併用での治療を考えます。白血病でお困りの飼い主さまは、是非一度ご相談ください。

Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧