ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

ペット漢方研究会 難病専門のセカンドオピニオン

お問合わせはメールで


メニューの始まりです


本文の始まりです

病名詳細

犬と猫の病名の詳細です。

病名・症状の検索

心不全・心臓発作

犬・猫の心不全・心臓発作ってどんな病気?

心不全とは、心臓病のことを指します。心臓は全身に血液をおくる働きがあり、その機能が低下することによって、体のさまざまなところで障害が起こります。 そして心臓病が進行していくと、心臓発作が起こることがあります。手足がバタバタし痙攣したり、口から泡をふいたり、失神など緊急を要する症状です。しかし、発作が起きている間はどうすることもできないので、ただ落ち着くのを待つしかなく、飼い主さんとしても非常に辛いことです。

犬・猫の心不全・心臓発作の治療方針

飼い主さんのご要望に応じ、西洋医学および東洋医学、ならびにその併用を考えていきますが 以下の方針でアドバイスをしています。

  1. 心不全や心臓発作は、犬・猫にとって負担が大きく、いつ急変するか分からないので、まずは心臓治療薬(例:バソトップなどのACE阻害剤)など病院でもらった薬を続けていただき、状態を安定させることが第一です。

  2. 悪くなっていくスピードを出来るかぎり遅らせ、落ちてきている心臓の機能をサポートしてあげること。 心不全によって引き起こっている症状を緩和し、少しでも負担を軽減することを目標に漢方薬を使用します。

なぜ犬・猫の心不全・心臓発作に漢方薬をを使うのか?

人と同様に、心臓肥大、心臓発作、心不全、僧帽弁閉鎖不全症、心室中隔欠損症、先天性心臓病など心臓病にかかる犬猫がたくさん増えています。心臓のはたらきは、全身に血液を循環させることなので、その機能がわるくなると体全体の負担になってきます。

そのため、病院での心臓治療薬と並行して、漢方薬を積極的に取り入れることによって、 心臓の負担を減らし、治癒力を増すことが期待できます。

犬の心不全や心臓発作についての写真犬の心不全や心臓発作についての写真

咳がでる、呼吸が苦しそう、散歩に行きたがらない、目や口の粘膜が紫色になるチアノーゼ症状がある、失神を起こす、胸やお腹に水が溜まるなど。そのような症状を少しでも軽減し、毎日を過ごしやすくしてあげることが大切です。 漢方薬やサプリメントで補うことによって、心臓にかかる負担を減らし、心臓の機能を強化していきます。

心不全や心臓発作でお悩みの飼い主さまは、是非一度お問い合わせください。

当院での症例・治療例

心臓弁膜症の雑種犬への漢方治療

患者 Tさま / 中型犬 雑種 オス / 9才 / 11.4キロ
使用中のお薬

ご相談・ご質問

ご相談内容 一週間前に早朝、近所を散歩している犬に、いつもより異常に吠えていてその後すぐに倒れました。30秒ぐらい全く動かず、死んだかと思いました。その後立ち上がって普通の状態に戻ったので、妻が...

心肥大、気管虚脱、肺水腫のチワワ犬への漢方治療

患者 Oさま / チワワ(ロングコート) オス / 12才 / 2.5キロ
使用中のお薬

ご相談・ご質問

ご相談内容 3年前から気管が細くなっていることを指摘され、定期的に健診を受けてまいりました。1年前から興奮時に咳き込むことが多くなり、それ以来内服薬を服用しております。先日、夜の咳がひどく、翌日...

僧帽弁閉鎖不全症のマルチーズへの漢方治療

患者 Tさま / 小型犬 マルチーズ メス / 11才 / 3キロ
使用中のお薬

ご相談・ご質問

ご相談内容 はじめまして、マルチーズ推定11歳が去年の暮れに、気管に何かが詰まったようなしぐさをして、気になり、診察を受けたところ、僧坊弁閉鎖不全症のレベル4-5 と診断され、現在治療中です。1...

大動脈弁狭窄症のロシアンブルーへの漢方治療

患者 Hさま / 猫 ロシアンブルー メス / 3才 / 3キロ
使用中のお薬

ご相談・ご質問

ご相談内容 生後6か月頃、あえぎ様呼吸のような異常な呼吸とともに、床に貼りついたようにして苦しそうにハーハー言っている状態が数秒から数十秒続きました。その後おさまるとケロッとして遊び始めますが、...

1 2


本文の終わりです


pagetop

Copyright ©2012 Enokiya,Pharmacy All Rights Reserved.