肥満細胞腫

犬・猫の肥満細胞腫ってどんな病気?

肥満細胞腫は、皮膚腫瘍の中の一つです。だれの体にもある肥満細胞に癌(腫瘍)ができた状態で、 実際に太っているかどうかは関係ありません。
ガン細胞は、動物も人間とおなじように1日に約6000個が体内で生まれています。通常健康な状態においては、自分の免疫力がはたらきガン細胞をやっつけ 修復してくれていますが、自己の免疫力よりもガン細胞のチカラが強くなってしまうと、 ガン細胞は徐々に勢力を伸ばし育ってしまいます。それが、肥満細胞腫という癌の病気です。
肥満細胞腫は、ペットによって形態が様々です。

犬・猫の肥満細胞腫の治療方針

まずは腫瘍が良性か悪性か、きちんと病院での検査を受けられてください。 そのうえで飼い主さんのご要望に応じ、以下の方針でアドバイスをしています。

良性の肥満細胞腫の場合
漢方薬を使用し様子をみましょう。大きくなるようであれば、病院で手術をすることを勧めています。
悪性の肥満細胞腫の場合
切除が可能な場合は、術後の体力回復と転移予防のために漢方薬を使用します。 手術困難や複数転移などの場合は、抗癌剤や放射線治療の副作用の負担からペットを守り、 症状を軽減させ、生命の質(Quality Of Life)の向上をはかることを目標に漢方薬を使用します。

犬・猫の肥満細胞腫になぜ漢方薬を使うのか?

漢方(東洋医学)は、自己の免疫力をガン細胞よりも強くしてあげて、その自然のチカラ(自己免疫力)をもってガン細胞をやっつけよう!という考え方なのです。
体力がある場合は西洋医療のみでも対処できることがありますが、体力がなかったり、他の病気を併発していて弱っていると、西洋医療だけではどうにも進まないこともあるのです。
だから、そういう場合には漢方薬を使うととても有効に作用します。 西洋医療だけでは届かないところをサポートできるからです。 
しぶとく生きるガン細胞に対して有効な薬は、やはり代償として良い細胞も壊してしまうのです。 ガン細胞だけに効くような薬は今もなお研究され続けていると思いますが、 まだ確立はしていません。それぐらい癌細胞というものは厄介なものなのだと思います。
肥満細胞腫でお悩みの飼い主さまは、是非一度お問い合わせください。

Copyright Nishikido Veterinary Clinic. All Rights Reserved.

対応疾患一覧